本日の動画メッセージ

   

動画一覧へ

石川ともひろオール北海道応援団

「北海道独立宣言」で豊かな自治をつくる 石川ともひろにご支援を!

わたしたちの愛する北海道はいま、地域の疲弊や人口減少をはじめとして多くの課題に直面しています。
石川ともひろさんは、こうした課題を、国に依存するのではなく、わたしたちで考えて、話し合い、決めていく決意を北海道独立宣言という言葉に込め、北海道知事選挙に立候補しました。

石川ともひろさんは、豊かな自治によって、一人ひとりの尊厳と権利が守られ、すべての人が安心して働き暮らせる北海道、カジノよりも美しい自然と食、文化と芸術を求めて世界中の人々が集う北海道をめざしています。

わたしは、石川ともひろさんこそが、道民の知恵と力を束ねて、北海道の可能性を開き、北海道の自立、発展、自治の充実、豊かさを実現できるリーダーであると確信しています。
「石川ともひろ知事」実現のため、応援団への参加をお願いたします。

応援団長 上田文雄(前札幌市長)

応援団長 上田文雄(前札幌市長)

賛同人募集中です!ご希望の方はお申込みフォームに必要事項をご入力の上、送信してください。

北海道の現状

困難に未来をひらく

人口減少と子供の貧困

人口減少と
子どもの貧困

道内総生産と道民所得

道内総生産と道民所得

鉄路の縮小と地域公共交通

鉄路の縮小と
地域公共交通

詳しく見る

石川ともひろの理念・政策

北海道独立宣言豊かな自治をめざして

北海道がめざす4つの理念

自ら決める北海道政府

自ら決める北海道政府 中央に依存せず、同時に対立でもなく、自らの意思を明確に持ちながら、各方面と連携する。そのために、道民の想いを集め、しっかり意思決定し、メッセージを発信する北海道政府を樹立する。

道民参加の自治を実現

道民参加の自治を実現 道民一人ひとりが自分の暮らす地域・社会に想いを伝え、発言し合い、決定に加わる。そのために情報の提供と共有に基づく「住民自治」の環境を整える。

北海道のポテンシャルを活かした自立型経済

北海道のポテンシャルを
活かした
自立型循環経済で所得を向上
道民の暮らしをしっかり支える。そのために、北海道が誇る自然と資源、ブランドを活かした地域に根ざす経済を、“循環”“連携”をキーワードにつくり出す。

一人ひとりの価値観と尊厳を守る社会

一人ひとりの価値観と
尊厳を守る社会
性別、年齢、障がいのあるなしにかかわらず、差別されない社会、誰もが相互に人格と個性を尊重して多様なあり方を認め合い、共に支え、支えられる社会をつくる。

8つの重点政策

  1. 「北海道経営会議」の創設 「北海道経営会議」の創設、「新・北海道憲章」の制定で自ら決める道政を実現
  2. 「支え合いマップ」でつくる安心社会 住民同士の顔が見える「住民支え合いマップ」で安心と信頼の地域社会を創る
  3. 「新・子育て支援パッケージ」で笑顔に 健やかな育ちを支える「新・子育て支援パッケージ」で子どもと共働き世代に笑顔を
  4. カジノより北海道らしい文化と経済で世界に飛躍 北海道のひと・もの・文化を世界とつなぐ“Local to the World”の経済政策を推進
  5. 「食」と「農」で潤いある地域をつくる 農林水産業を守り育て、食と農を活かして持続的で潤いある地域社会を創造
  6. 「脱原発」に向けて新技術で「エネルギー革命」 原子力に頼らない北海道をめざし、新技術で「エネルギー革命」を推進
  7. 道庁がリードし鉄路を活用 JRは鉄路の活用めざし道庁がリード。生活と地域を支える「交通革命」を推進
  8. 命を守る防災・減災を推進 被災地への支援を強化し、情報基盤と地域の態勢整備で防災・減災対策を推進

詳しく見る

石川ともひろのアイヌ民族政策

アイヌ民族の声を道政に
「侵略の歴史」を知事として謝罪

石川ともひろ北海道知事候補は3月30日、アイヌ民族に関わる政策を発表しました。
政策は、アイヌ民族に関する政策・施策をアイヌ民族参加のもとで決めていくことと、「先住民族の権利に関する国連宣言」の趣旨に叶う国際水準のアイヌ民族政策・施策をめざすことを表明したものです。
また、「北海道開発はアイヌ民族抑圧の歴史でもった」との歴史認識を示し、道政史上初めて、知事として「過去の不正義、侵略の歴史」に対して謝罪する考えを示しました。

PDFで詳しく見る

石川ともひろ Profile

人口減少と子供の貧困

プロフィール写真

プロフィール写真

プロフィール写真

プロフィール写真

プロフィール写真

プロフィール写真

1973年
足寄町で生まれる
1992年
私立函館ラサール高校卒業
1996年
早稲田大学商学部卒業
2005年
第44回衆議院選挙。公募にて北海道11区から出馬
2009年
第45回衆議院選挙2期目当選。農林水産委員会理事

詳しく見る

各種広報素材

970×250

970×250

336×280

336×280

320×150

320×150

ダウンロード